お客さまからのお声

voc1.jpg

自分に合わせた中敷き(インソール)をひとつひとつ手作りで製作いただくことに驚きました。履き心地も以前と比べ、全然違います。

(60代・女性)

フィンコンフォートを以前から愛用していましたが、専門店ならではの品ぞろえで、自分にぴったりの一足を見つけられました。

(50代・女性)

voc2.jpg
voc3.jpg

そもそも自分の足を測って、靴を選んだことがなかったので、目から鱗でした。外反母趾等の足の悩みから解放された気分です。

(70代・女性)

半年ほど使用しているとかかとの擦り減りなどどうしても使用感が変わってくるのですが、修理や調整をしっかり対応いただき、とっても安心です。

(60代・男性)

voc4.jpg

すいせんの声

大原整形・形成外科 大原鐘敏先生

虎の門病院で勤務していた17年間、多くの糖尿病性足壊の手術を執刀してきました。

足趾や前足部を切断された患者に靴型装具を選ぶときは、歩行時の荷重部位の変化や術創に対する細かな配慮が十分でないものばかりで、不満に感じていたんです。

そんなとき、患者経由でナチュレル代表者の鈴木氏と出会いました。

ナチュレルの足底装具を使ってみたところ、靴型装具を足のカタチにぴったり合うよう調整できたおかげで、部潰瘍の再発を極力抑えることに成功しました。
今でも鈴木氏には、開張足、
平足、加齢による変形性膝関節症や外反母趾などを伴う患者の足を定期的に見ていただいています。

また、外側ウェッジ、中足骨パッド、ローリングソールなどの作成により、歩容の安定や関節症変性進行の防止などにも寄与していただいています。
外科医は手術による治療を優先しがちですが、未然治療も必要でしょう。

悪化を防ぐ手段として、ナチュレルの足底装具は大変有用と考えられます。

oharaDR.jpg

プロフィール

大原 鐘敏

現職:大原整形・形成外科 院長
川口市上青木西3-7-2 Jビル1F
【主な経歴】
1986年 昭和大学卒業
1990年 昭和大学医学部大学院終了(医学博士)
1992年-2009年 虎の門病院
2009年4月1日 大原整形・形成外科 開院
2014年6月 医療法人桐原会として法人化

大原整形・形成外科(川口市上青木西)
http://www.ohara-seikei-keisei.com/

靴とインソールの加工例

 <2974>hachiouji  ¥46,200-

インソール加工

 中足骨パッド(両足)   ¥5,280-

 

合計      ¥51,480-(税込)  

      

hachiouji(1-a).JPG

お客様Aさん 外反母趾

pellote(1-b).JPG

サンダル

 <2501>pisa      ¥24,200-

インソール加工

 ソフトシート(両足) ¥1,980-

合計      ¥26,180-(税込)  

お客様Bさん 開張足・ウオノメ

pisa(2-a).JPG
soft(2-b).JPG

 <2927>oze       ¥46,200-

インソール加工

 外側ウェッジ(両足)   ¥5,280-

合計        ¥51,480-(税込) 

お客様Cさん O脚

oze(3-a).JPG
wedge(3-b).JPG

 <2395>coinbra    ¥38,500-

インソール加工

 補高4㎜(左のみ)     ¥3,080-

合計        ¥41,580-(税込)

 

お客様Dさん 脚長差

coinbra(4-a).JPG
hokou(4-b).JPG